このブログは、アラフィフ主婦の

日常を書いている絵日記です!

初めましての皆様は

こちらをご覧になってみて下さい♪

家族のプロフィール

 

フォロー、コメント、リブログ、

大歓迎です!

報告もいりません♪

 

------------

 

馴れ初め話を初めから読む

 

 

前回62話の続きです。

 

 

前回、結婚式を挙げる事に

した所まで書きました。

 

今回は、結婚式の具体的な

金額を書きます。

(※25年前の話なので現在とは

違うかもしれません)

 

 

 

そうなんです。

 

二人はお金がなかったんです。

 

相場はどのくらいなのか?

さっそくリサーチ!

(25年前です)

 

 

 

びっくりしましたよ!

みんな、そんなにお金かけて

結婚式してるんだ!!と思って…。

 

地域によって違うと思います。

 

ちなみに、北海道は、

当時では珍しかった会費制なので

(珍しいという事を関東に来て知りました)

あまりお金をかけずに豪華に出来るという

メリットがあるんですよね。

 

関東も、ご祝儀で返ってくるとは言っても

二人とも地方出身で

そんなに招待客いませんしね(笑)

 

 

 

私が聞いた人達は、

ほとんどの人が親が出してました。

(というか全員)

 

かかるお金って、

結婚式の費用だけじゃないですもんね。

引っ越し代、家具代、新婚旅行代…

めちゃめちゃお金のかかる時です。

 

私は親からの援助は全く受けられなかったのと

夫は自立心が旺盛な人で、

学生じゃないのに何で親から出してもらうの?

という考えの人だったので

夫側からも援助なし。

 

二人の貯金で(ほぼ夫の(笑))何とかしないと

いけません。

とてもじゃないけど、300万も出したら、

新婚旅行も行けないし、

その後の生活も大変!

 

 

 

 

そして、私が見つけたのは…

 

 

 

えっ!

30万!?

 

300万の間違いじゃなく!?

 

と目を疑いましたが、

これは本当でした。

25年前の相場で話を進めて行きますが、

海外ウエディングはとても安かったのです!

 

芸能人が挙げているイメージが

強かったので、

高いと思ってました。

 

 

 

海外ウエディングの良い所は、

新婚旅行を兼ねている所!

一石二鳥なんですよね。

 

たぶん、他にも、

結婚式を安く済ませる方法はあると思うのですが、

今みたいに情報も簡単に手に入らないし、

私は、

ビビビと来たら一直線の所があったので、

(今もですよね(笑))

他の方法は考えませんでした。

 

夫が反対したなら他の方法を考えましたが、

彼も乗り気!

 

もう、心は、

海外ウエディング一本!

 

さっそくお話を聞きに行く!

 

 

 

 

30万というのは、最低料金で、

少し贅沢すると、どんどん金額がアップしていきます。

だけど、最低料金でも

十分なウエディングプランでしたよ!

 

私達は、無名の海外の飛行機ではなく、

国内の飛行機に乗りたかったのと、

せっかくだから、ホテルを贅沢しようと思ったので

60万くらいになってしまいました。

 

それでも、60万です!

 

300万~750万の結婚式の話を聞いた後だったので、

60万はめちゃめちゃ安く感じてしまいました。

しかも新婚旅行も行けるし、

ドレスなども全部その金額に含まれています。

(ドレスをよそから持ち込む場合は有料)

 

その日に即決です!

早い早い!

 

 

 

 

この時になって、

「婚約指輪を買いに行こう」と

言われたのですが、

 

え…?

それ、必要ある?(笑)

と思ってしまいました。

 

1か月後には入籍して、

2か月後には結婚式ですよ。

婚約指輪をこのタイミングで買うんですか(笑)

 

だけど、夫は、

何ごともきちんとしたい人だったんですよね。

というか、全ては私の為。

私達の結婚は、

離れ離れだった為に、きちんとした段取りを踏めていない。

 

入籍だけして、結婚指輪を買えばいいと

思っていた私と違い、

 

きちんと結婚式を挙げて、

きちんとドレスを着て、

きちんと婚約指輪も購入して…

という、一般の人が経験する事を

全部経験させてあげたかったと

言われました。

 

泣かせる…( ノД`)

 

 

 

そして本当に、

ダイヤのキラッキラな婚約指輪を買い、

 

その後すぐに、

結婚指輪を買い(こちらはめちゃめちゃシンプル)、

 

指輪ばっかり見に行くことになりました。

 

 

だけど、

これは後日…というか、

何年も経って、私も夫も思った事ですが、

 

婚約指輪、いらないよね(笑)

ダイヤのキラッキラな、いかにも!なんて指輪、

普段着けられなくて、

しかも結婚したらほとんど着けないので

着ける期間が短いんですよね。

それなのに数十万…チーン

 

それなら、誕生石の指輪でも買ってもらって

普段使いに出来る指輪にすれば良かったと

思いました。

あの時はそんな事、言えなかったけどね。

 

娘には、

もしもダイヤの指輪を買ってくれるような

男性と出会ったら、

普段使えるような指輪にした方がいいよと

こっそり耳打ちしています( ´艸`)

 

 

後日、ウエディングドレスも見に行きましたが、

これも早い早い!

ウエディングドレス即決の話はこちら

↑違う時に書いたので、絵柄が現在の私達に

なっています(笑)

 

こうして、

どんどん決まっていきました。

 

ただ、

私の結婚式の話は、

海外ウエディングだけの話じゃないのですが、

それはまた後の話で。

 

 

次回はいよいよ、新居への引っ越し!

 

 

64話へ続く。

 

 

 

---------------------

ツイッター

https://twitter.com/apori333

 

インスタ

https://www.instagram.com/apori33/

 

 

---------------------

すくパラさんのしくじり育児の連載です。

月二回の更新予定です。

息子の反抗期④

 

 

---------------------

毎日が発見ネットの連載です。

第二、第四金曜日の更新予定です。

イケメンは顔だけじゃない!

 

 

---------------------

おつうじ屋さんの連載です。

月に一回の更新予定です。

第9回 祖父とクレープ

 

 

---------------------

恐れ入りますが

こちらをポチっと

よろしくお願いいたします♪


絵日記ランキング

 

指輪を選んでいる時って、

結婚する実感も湧いて

幸せですよね(*´▽`*)

 

 

前回の、おかあさんおかわりの

祖父とクレープ

たくさんの方に読んでいただけて

嬉しく思います!

いいねもコメントもたくさんありがとうございました!!

皆さんのエピソードを聞いても

泣けますね…(´;ω;`)

 

母親はアレなので(笑)、

抱っこもしてもらえなかったけれど、

その分祖父が、これでもか!というくらい

抱きしめて育ててくれました♪

私みたいに、代わりになる人がいるといいけれど

核家族の場合は、母親が全ての子供もいるので

たくさん抱きしめてあげて下さい!

 

母もね…悪い人ではないんですよ。

私に対する愛情が無かったわけでもない。

ただ、自分の自由を奪い、

思い通りにならない手のかかる小さな子供が

嫌いだっただけ。

だったら産むなという人もいると思いますが、

子供を作る時にはそんな事

考えないですもんね。

その気持ち、子育てしている人なら

ほんの少しは分かるかもしれませんね。

私が大人になってからは、

もう母の手を煩わせる事はないので(笑)、

良好な関係を築けていると思います。

今は、私が母に自由を奪われている笑い泣き