このブログは、アラフィフ主婦の

日常を書いている絵日記です!

初めましての皆様は

こちらをご覧になってみて下さい♪

家族のプロフィール

 

フォロー、コメント、リブログ、

大歓迎です!

報告もいりません♪

 

------------

 

馴れ初め話を初めから読む

 

 

前回㉟話の続きです。

 

 

前回、

一石二鳥になる事を

思いついたと書きました。

 

今回の話、

途中、重い話も出てきますが

昔の話なので

気にしないで読んで下さい(笑)

 

そして、遠距離恋愛中の人、

私の事、参考にしないで下さいね!!

そこだけは絶対!(笑)

私のやる事は無茶なんです!

 

 

 

 

 

まずは、退職願を出しました。

コンピューター業界って

覚えるまでがとても時間がかかって

大変なので、

一人前になるのに何年もかかります。

仕事もようやく軌道に乗って来た所だったので

もったいなかったと思います。

でも、未練はなかった。

技術を磨くのに、場所はどこだって良かったから。

 

 

 

 

 

 

 

私は親が(特に母親)

大嫌いだったので、

死ねばいいのにと思ってました。

 

借金の件があったからではなく、

私が故郷を飛び出して上京した理由の一つに

親との確執がありました。

 

ほんとに気が合わないの(笑)

住む世界が違うというか

魂が違うというか。

言葉で言い表せないんだけど、

こんな親が私の親だなんて…と

思うこともありました。

私は幼い頃、

祖父と祖母に育てられたので

母親の愛も知らない。

 

そして借金問題。

 

私だけが、親が大阪にいることを

知らなかったのですが、

なぜ私にだけ伝えなかったのか

その理由を聞いて

びっくり仰天ですよ!

 

借金取りが押しかけて、

私に「親はどこにいる!」と

聞いたとするでしょう?

その時に、暴力を加えてでも

吐かせようとしたとするでしょう?

私が場所を知っていたら、

暴力に負けて、口を割ってしまうから。

 

私が知らなければ

何をされても居場所は言えないから、

自分達の居場所が突き止められる事はない

と思ったんですって。

 

私が殺されても良かったの?

売り飛ばされても?

と言っても答えなかったけれど、

自分たちを守る事しか

考えてなかったんだなー、

私の事はどうでもよかったんだなー、

と思うと、

もう、親なんてどうでもいい、と

思うじゃないですか(笑)

他人の方がよっぽど親切です。

 

そういえば、兄はどうしたのか?という

質問が以前ありました。

兄は父の会社に勤めていたので

共倒れです。

そして兄も逃げなければいけなくなりました。

親子3人で逃げるのは目立つから、

兄だけ違う県へ行きました。

 

まともな生活を送っていたのは

私だけだったのです。

だから借金取りが皆、

一斉に私の所に押しかけてきたんです。

 

不幸中の幸いは、

私が自立していた事。

親元で暮らしていたら、突然逃げなければ

いけない状態になって

私はどうしたんだろうと思います。

学生だったら、クラスメイトにお別れも言わず

突然消えるわけですから、

そういう方も、たくさんいらっしゃると

思います。

一緒に暮らしていれば

巻き込まれてしまいますからね。

遠く離れていても巻き込まれたわ(笑)

 

 

私は自分が親になっても、

なったから余計に

母の事は理解出来ませんでした。

 

そんな母を今、

私は介護しているのですが、

これも、運命だったのでしょう。

世の中、うまく回っていくものだなぁと

しみじみ思っています。

 

 

 

そんな親の所へ

引っ越そうとしたのです。

 

 

 

なんで借金を押し付けて

逃げるような事になったのか、とか

どうしてそこまでの大きな借金に

なったのか、とか

逃げて何してたのか、とか

何も知らなかった私は、

聞きたいことがたくさん!

 

本当は、知らなくても良かったんだけど

勝手にどこかで死んでくれて

そのままになっていても良かったんだけど、

 

私は彼の近くに行く為に(笑)、

この親との和解を試みるのです。

 

 

 

 

疎遠だったので、

嫌がられるかなと思ったのですが、

めちゃめちゃ喜んでくれました。

 

こうして私は、

親元へ帰り、大阪に住む事になりました。

 

彼と出会っていなければ

大阪に住もうなんて思わなかったし、

親にも会っていなかったかもしれない。

彼と出会ったおかげで、

親とは結局仲良くなって、修復し、

皆さんご存知のように、

父親とは亡くなるまで一緒にいて

看取ることが出来、

母親の介護までしている生活を

送っています。

 

彼にも会える、

親とも和解出来る、

私にとっては、一石二鳥の選択だったのです。

 

 

 

先輩、一番後回しかよ(笑)

 

細かく覚えてないのですが、

片道が1時間くらいだったと思います。

もうちょっとかかっていたかな。

それほど近くはないけれど、

横浜からよりはずっと近く、

遠距離じゃなく、中距離恋愛に

変更されました(笑)

何より、時間より

料金が安いので、お金を気にせず

会えるようになります。

 

 

 

先輩に迷惑はかからないと

思っていたので

相談もせずに決めてしまって、

事後報告だったので

叱られてしまいました。

 

だって今までそうやって生きてきたんだもん、

人に相談して決める習慣が

なかった私でした。

 

今はちゃんと、相談してますよ♪

(たまに一人で暴走して叱られますが(笑))

 

この時、親の事情は話してないので

(言えないよねー)

「実家に帰る」という風に

伝えていました。

 

 

㊲に続く。

 

 

 

 

---------------------

すくパラさんのしくじり育児の連載です。

毎週土曜日更新予定です。

私の役員生活⑱(最終回)

 

 

---------------------

毎日が発見ネットさんの連載です。

第二、第四金曜日の更新予定です。

私の前に現れた救世主とは

 

 

---------------------

 

おつうじ屋さんの連載です。

月に一回の更新予定です。

第7回 父の為に作った初めてのハンバーグ

 

 

---------------------

恐れ入りますが

こちらをポチっと

よろしくお願いいたします♪


絵日記ランキング

 

相談しなかった事、

ものすごく残念がられたので

(頼られていないと思って)

申し訳なかったです(;´∀`)

 

男の人は、

頼ってあげると喜びます!

たぶん…(笑)

 

今まで書いたブログの中で、

ところどころに、

私が大阪にいた事や、

母の事が好きじゃない事や、

夫と遠距離をしていた事を

書いていました。

 

夫の転勤先の情報や、

兄の住んでいる県や、

大阪の人が大好きだった話も

点々と書いていました。

 

今まで、点で書いていた事が

この馴れ初めで

一気に一本の線になりますね。