初めましての皆様。

大学生の息子と、高校生の娘と、

夫の4人暮らしの

アラフィフ主婦の日常を書いています。

母の介護もしています。

よろしくお願いいたします(*^^*)

 

読者登録、コメント、リブログ、

大歓迎です!

報告もいりません♪

 

----------------

 

昨日のお弁当の記事

大反響!で嬉しいですびっくり

 

…それほど大反響では

ないかもしれないけれど、

いや、やっぱり大反響かな。

(自信なさげに)

 

読者登録して下さった方が

たくさんいらっしゃったのですが、

「今日のお弁当♪」というブログではないので

お弁当画像がなくても

今後も楽しんでもらえるか不安です…。

50代の主婦の絵日記なのですが

(これだけ聞くと超つまんなそうですね)

これからも読みに来て下さると嬉しいです!

 

-------------

 

それでは、今日の記事です!

 

昨日、予告していた、

「娘がお弁当を食べられなくなった」話です。

 

ちょっと長いです( ̄▽ ̄;)

お茶でも用意して、ゆったりと

お読みくださいませ。

(更新している時間は夜中だけど)

 

 

中学生からお弁当が始まる地域に

住んでいるので

息子が中一の時から

夫と2人分のお弁当を作り始めました。

 

夫は結婚した時から作っているので

今、24年作り続けています。

(そう考えると、私って、えらいな…。

夫よ、もっと感謝していいのよ)

 

2人お弁当になったので、

1人だけ給食の娘が

いじけていました。

 

 

この時、娘は、まだ小2でした。

 

お父さんや、お兄ちゃんみたいに

お弁当生活をしたかった娘は、

お弁当に憧れていました。

 

 

そして、月日は流れ。

 

 

娘は中学に入学しました。

 

 

何年も憧れ続けたお弁当!

やっとお弁当を毎日持って行けるね!

かーさんも、

腕によりをかけて作るね!

(実際は、3人分なんてめんどくさいけど(笑))

 

 

中学1年の時は、

毎日毎日、残さずに

お弁当を食べてくれました♪

 

 

こんなにお弁当を楽しみに

していてくれました。

 

 

 

そしてまた、月日は流れ。

 

娘は中学2年生になりました。

 

クラス替えがあり、

新しいクラスになりました。

 

問題は、この

新しいクラスで起きました。

 

お弁当は、

班で一緒に食べていたのですが、

その時一緒だった子が、

ふいに言った、一言。

 

 

 

 

言った子はきっと、

全く悪気がなく言ったと思います。

 

娘も、

1回や2回なら

そんなに気にしなかったと思うのですが、

 

その子は、お弁当のたびに

「口が大きい」

「今日も大口あけてる」

「また今日も大きいね」

「いつも美味しそうに食べてる」←これは誉め言葉?笑

と、言い続けました。

 

そして、

食べている所を毎日

じーっと見られていて、

「今日は唐揚げから食べるんだ?」などと

いちいち何かを言って来るので

娘は食べにくくなってしまいました。

 

その頃、

「いつも見られている」

「いつも何か言われる」

「食べている所を

見られるのが嫌なんだけど」

と、娘の愚痴を聞いていたのですが、

 

私はこれをあまり深刻に考えませんでした。

 

「そんなの気にしなければいいのに」

 

と、ありきたりの

返答をしていました。

 

「食べてる所、見ないで」

って言ってみたら?

と言ったら、

 

娘は憤慨して、

 

「そんなの言えるわけない!

自意識過剰って思われる!

見てないよって言われたら

おしまいでしょ!

関係も悪くなる!」

 

と言ってきました。

 

相手に言えないし、

どうにもならないし、

気にしないように頑張ってみたけど

口の事や、食べ方を言われるたびに

どんどん重くのしかかってきたのかなぁ

と思います。

 

お昼の時間になると、

お腹が空かなくなり、

吐き気がするようになりました。

 

でも、今度は

私の顔が思い浮かぶ。

 

残してはいけない、

残したらお母さんに悪い、

せっかく作ってくれているんだから、

 

そう考えるようになって、

 

お弁当を食べられないって言えなくて、

無理して食べていたと思います。

 

ある日娘は、

食べた物を全部

トイレで吐いてしまいました。

 

それが続き、

お昼ご飯を全く受け付けなく

なってしまい、

 

やっとその時になって

 

 

と涙ながらに訴えられて

 

やっと、事の深刻さに気付くのでした。

 

あれ?

これは、しくじり育児に投稿した方が

良かったかな(笑)

 

 

こんな風に、始まりは、

お友達のほんの些細な一言から始まりました。

大人なら、軽く流せる事も

中学二年生の少女の心には

じわじわと響いてしまったのです。

 

うちにとっては、少し深刻になってしまいましたが、

こんなに深刻にはならなくても、

このように、

「学校でお弁当が食べられない」

「集団で食事が出来ない」

「みんなの目が気になって食べられない」

という子が、少ないですが、いるみたいです。

 

娘は、必要以上に相手がどう思うかを

考え過ぎる所があり、

それで自分を追い詰めてしまう事が

今までもありました。

 

そんなに追いつめられる前に

もう少し早く相談してくれれば…って、

愚痴をこぼしていたんだから

娘は相談していたわけで、

私がキャッチする能力がないんでしょう。

もう、色々と落ち込むなぁ…。

大きくなっても、未だにしくじってばかりの私です…。

 

 

何も食べないのでは

心配だったので、

三口くらいで食べられる、おにぎりを

持って行くようになりました。

カロリーは足りないけれど、

一食抜いたとしても、

さほど問題はないだろうと思って。

それすらも食べられないという日もありました。

 

 

そしてまた学年が上がり、

3年生になりました。

 

その、毎日食べている所を見ていた子とは

クラスが離れたので

環境が変われば食べられるかと思ったら、

クラスが変わっても、学校は同じなので

ストレスという意味では、一緒なのでした(;´∀`)

 

こうして、卒業するまで

ミニおにぎりのみで過ごした娘でした。

 

 

高校はどうする?

 

高校でも食べられないかな?

 

学校も、クラスメイトも、全員変わる。

もしかしたら、

また元のように、食べられるかもしれない。

 

 

そして、高校入学。

 

 

 

こうして、娘は闘志を燃やし(笑)、

お弁当を食べてみる事にしたのでした。

 

そしてそして、

昨日の記事

お弁当へ繋がります。

 

だから、

高校のお弁当には

「思い入れ」があったのです。

 

量が少ないですよね?

本当は、これでも量が多くて

もっと小さいのが欲しかったのですが、

これ以上小さいと、

幼稚園用か、ミニタッパになってしまいます(;´∀`)

あまり可愛いのがなかったので

この大きさにしました。

 

無理しないで。

食べられなくなったら、

また食べなくていいよ。

「食べなくちゃいけない」

「お母さんに悪い」

「食べないと変な子と思われる」

って思わない事。

 

あなたが思うほど、

周りはあなたを見てはいない。

 

娘、口は確かに小さくはないけれど、

美味しそうに食べるんです(;´∀`)

ギャル曽根さんみたい、とまではいかないけれど、

食べてる時、幸せそうなんです。

 

中学の時に、いつも見ていたあの子も、

娘が美味しそうに食べるのを見て

ついつい、毎回何かを言ってしまったのかも

しれないですしね。

 

 

おうちでご飯が食べられて、

学校以外で食べられるのなら

学校で食べられなくても

問題ないと思っています。

 

 

続き物にせず、最後まで書こうとしたら

こんなに長くなってごめんなさい!

 

本当に本当に、

最後までお読みくださいまして、

ありがとうございます!!!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

インスタ始めました♪

フォローして下さると嬉しいです♪

https://www.instagram.com/apori33/

主にほっぺの写真を載せています♪

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

しくじり育児の

世界で一つだけの物⑥

が更新されています。

ご覧になってみて下さい♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「毎日が発見ネット」さんも

更新されています。

こちらは介護の事を書いています。

保険証はどこ!?母の誕生日は?救急隊の人に言われて大慌て

 

ご覧になってみて下さい♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

恐れ入りますが

こちらをポチっと

よろしくお願いいたします!


絵日記ランキング

 

親の知らない所で

子供も、たくさん戦っているのですよね!

娘の高校での様子も

書いていきますね!

 

 

コメントのお返事、滞っておりますが

少々お待ちくださいませ!!