赤ちゃんが欲しい①



の続きです。


 20年以上前の話で、
現在、21歳息子と、16歳娘がいます。
不妊治療していた時の事を
書いています。 
 

前回
「夫婦二人で生きていく未来を考える」
「今ある幸せを見失ってはいけない」
という事を心に刻んだところまで
書きました。



1906hunin84



1906hunin85




妊活中、私がしていた事。

1906hunin86

こういうニュースは辛かった(;´Д`)
本気で涙を流していました。




1906hunin87



1906hunin88

(※当時そういう絵があったんですよ!
後、ザクロの絵がいいとか、
富士山の絵がいいとか、
うちには変な絵があちこちに飾ってありました)


食べ物なども気を使い、
これを食べると妊娠しやすい身体になるとか、
こたつに入りっぱなしは良くないとか、
身体は冷やさないようにとか、

周りから聞かされる色んな情報を
取り入れていました。

行為の後に、逆立ちしたりとかね(笑)
これはその後医者に聞いたら、
「逆立ちしなくても出来るからね!
毎回逆立ちするの大変でしょう!
しなくていいからね(≧∇≦)」
と笑って言われました(*'ω'*)


やれる事はこれ以上無いような気がしました。



1906hunin89


不妊治療を始めて
3年が経過していました。

いつまで治療を続けるか?
どこで踏ん切りをつけるか?

私次第なんですよね。

治療をやめるということは、
赤ちゃんを諦めるという事になると
思っていました。

前回、疲れたら休んで下さいね!と言ったのは
この事で、
私は、「休む」という事を思い付かなかった。

病院へ通うのをやめる事が
赤ちゃんを諦める事になるわけではないのに、
「諦めなければいけない」という思いで
いっぱいになってしまいました。

だから、通院をやめる事が怖くて
通い続けていた気がします。


でも、とても疲れていたんですよね。


産婦人科に通っていたので、
病院へ行くと、毎回赤ちゃんを抱いた人や、
お腹の大きい妊婦さんを大量に見る事になる。
それもなかなかの精神的ダメージで。


1906hunin90


私は、最後の一回の賭けに出る事にしました。


後一回で区切りを付ける事に。




⑰へつづく。





◆関連記事◆

夫と私の馴れ初め話①
(↑全65話と長いので、お時間のある時にでも
読んでみてください)

25年前の新婚時代①
(↑こちらは全6話)



------------------



------------------


恐れ入りますが、こちらをポチっと
よろしくお願いいたします♪
1回押すだけで大丈夫です!

絵日記ランキング

前回の「妹にはイライラする!」にも
たくさんのコメントをありがとうございました!

息子がいなくなってしまう話、
そうなんですよね、
いつか必ず出て行くので、
割り切らないといけないのですが…
出て行くのは結婚した時かなーと
勝手に思っていたので、
心の準備が出来ていませんでした。
自分は子離れしているつもりでいたのに
全然出来ていなかった(笑)

今はいったん覚悟が出来て
いつも通りの日々を送っていますが
出て行く時は私はきっと泣くのでしょう。