大学の友達作り①の続きです。

 

いつもイイネやコメントをありがとうございます!

とても励みになっています!

 

 

本編に入る前に、少し、震災の話をしますね。

緑色の文がそうなので、気分が悪くなる方は読み飛ばして下さいね。

 

夫の実家が九州地方で、身内もたくさんおり、私の身内も、友達も住んでいます。

私のイトコだけが熊本で、それ以外は違う県なのですが、被害が大きい県であり、

初日よりも、翌日からの被害の方が深刻になっています。

私の友達は連絡が未だに取れません。本当に心配です。

一日中その話で持ちきりで、大学生が亡くなったというニュースを聞けば

その子の親は一体今、どういう心情でいることかと、

我が事のように胸を痛めています。

大学に入って、知らない土地で一人暮らしで頑張っていた自分の子が、

こんな天災で…。

本当に切ない。もう神様、勘弁してあげてください。

追い打ちをかけるかのように、悪天候だなんて。

信じられない数の余震が来ていて、しかも震度がいちいち大きい。

電話で話している間でも、「また来た!」「また揺れた!!」と、次から次へと余震が来て

みんな怖がっていました。

今こうしている時も、不安な気持ちを抱えている方が大勢いる事でしょう。

 

連絡がついた人には、何が必要で、何を準備すべきか、自分の経験から分かる事を伝え、

クリックすれば募金出来るというものには、見つけた物全てをクリックして

やれるだけの事をやりました。

あとは、これ以上の被害が起きず、早く平穏な日々を取り戻せるように

心より祈っています。

 

東日本大震災の時にお話しした、この言葉。

 

「頭のいいやつは、知恵を出せ。

お金のあるやつは、金を出せ。

力のあるやつは、力を出せ。

何もないやつは、元気出せ!」

 

過度に自粛する必要はなく、被災していない人達は、いつも通りに過ごし

いつも通りに遊んで、経済を潤わせればいいと思うのです。

元気出していきましょう。

私も、元気出します!

これしか出せないから、人一倍元気にいこうと思います。

 

亡くなった方のご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

 

 

--------ここから本編-----------

 

 

 

今はツイッターで先に友達を作る、という事を書きましたが

 

もしも、コミュニケーション能力に自信の無い人や、

 

ボッチ飯は嫌!と思う人や、

 

苦労せずに友達を作りたい、

 

と思っている人は、この時代に乗っかって、入学前にツイッターで

 

繋がっておくと良いと思います。

 

 

 

実際には、ほんのちょっとの勇気があれば、いとも簡単に友達は出来ていくのですが、

 

その、ほんのちょっとの勇気がなかなか出せなかったり、

 

既に出来上がっているグループに飛び込んで行くのは、

 

大人でも気おくれしてしまいますものね。

 

 

 

息子は頑張りました。笑

 

 

 

前回のお話で、オタク系に声を掛けてみたが、

 

その人が誰か分からなくなって玉砕してしまったので

 

今度は、見た目が分かりやすいオシャレ系(普通系)の人に行きます。

 

隣に座った人には、とりあえず声を掛けてみろ、とアドバイス。

 

 

 

たまたま運が良かったのか、周りの人がみんないい人だったのか、

 

息子が声を掛けた人は、他でグループが出来ていたんだけど、

 

「お昼、誰かと食う約束してる?良かったら一緒に食わね?」と言うと、

 

 

 

 

 

 

と、快く仲間に入れてくれました。

 

会った後も、他の6名も気さくな人で、すぐに友達になれたそうです。

 

 

だけど翌日、昨日話したからと言って、今日も…とは限らないから

 

また今日も声掛け頑張るかー……と、半ば憂鬱そうに学校へ行ったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

朝行った瞬間から、向こうの方から、手を招いて、息子を呼んでくれました。

 

後はもう、ずっと一緒。

 

いつの間にやら、苗字ではなく、下の名前で呼び合う仲になり、

 

どんどん新密度が増して行きました。

 

 

 

 

そして、体育の選択教科。

 

「お前、何にした?」と口々に聞かれるのですが、

 

友達は皆、ガチスポーツ系で、2:2:3で分かれている。

 

 

 

(※オシャレ系でも、メガネ男子はいるんですよ♪

オタク系とは違うんです。何が違うんだろw)

 

 

書いてあるスポーツは、私が勝手に書いただけで違うスポーツだったかもしれません。

 

ゴルフとかバドミントンとかもあったかも?はて?

 

ま、だいたいこんな感じ。

 

 

 

 

本来なら、せっかく仲良くなった人達なのだから、

 

どこか同じ所に潜り込めば安泰なのに、

 

 

 

登山があるのを見つけてしまったのだ。

 

 

登山しかないっしょ。

 

登山で決まりでしょ。

 

グループで一人しかいないのに、一人ぼっちで登山を選択しました。

 

そうしようと思う、と聞いて、私は、

 

「せっかくだから、仲良くなった人がいるなら、登山以外の所にも行ってみたらいいのに」

 

と言うと、

 

 

 

山にさえ登れば、確実に友達は出来ると。

 

最初はいないかもしれないけど、合宿するんだよ?

 

友達が出来ないわけがない。

 

ここでも俺は、がっちり友達作るから大丈夫♪

 

「山が味方してくれるニヤリ

 

 

たかが高校の部活で登山してたくらいで、まるで登山家のようなセリフ。

 

しかし、山岳部時代も、最初からみんな仲良かったわけではなかったのに、

 

息子率いる40人のエセ登山家達は、高校時代で、かけがえのない友情を手にしました。

 

高校で一番楽しかったのは、「部活」と言っているし、

 

卒業の時に、部員達が、

 

「この先、これ以上のいい仲間には出会えないと思う」と言っていたほど

 

仲の良い部活だったのでした。

 

 

 

 

 

そして、最初のオリエンテーリングの日。

 

また同じように、一通りの世間話した後に、

 

「誰かと約束ある?もしも良かったらお昼一緒にどうかと思って」と言ってみる。

 

 

これに対しても、ここでも皆さん良い人で、

 

 

 

今度はさらに8人に増えた。

 

体育は、他の学部も合同なので、自分の学部の人じゃなかったけれど、

 

逆に、違う学部はどんな勉強をするのか興味津々だったので

 

会話に困る事はなかったみたいだ。

 

そしてここでも、8人の友達ゲーーットッ☆

 

 

それ以外にも、実験友達がいて、実験の時に会うグループとも仲良くなっている。

 

そっちには女子もいる( ̄▽+ ̄*)

(男5人に対し、女1人の割合)

 

 

ここまで来ると、日に日にどんどん絆が深まり、

 

下の名前で呼び合う仲間が、さらにたくさん増え、苗字を呼ぶ人がいなくなってきた。

 

一人暮らしの子の家に遊びに行く約束を取り付け(これは3人)、

 

一緒にご飯作ってその子のアパートで食べてきたとか。

 

 

 

 

写真を親に送るから、撮らせて♪と言われて撮った写真。

 

みんな、いい顔をしています。

 

さぞ、その子の親御さんは、この写真を見て安心した事でしょう。

 

「友達出来た。みんなで俺んちでカレー作って食べた」

 

写真付で、そう親に報告したそうだ。

 

 

 

どんどんどんどん、さらに新密度は増し、友達の友達は皆友達、で

 

輪も広がり、今では非常に楽しい毎日を送っています。

 

 

 

サークルがまだ始まってないので、そこでもまた出来る事でしょう。

 

先輩達とも仲良くするといいよね♪

 

 

 

理系なので、男ばっかりの男子校かと思えば、

 

3割が女子なんですって。意外に多いのね。

 

そして、ものすごく大偏見だけど、理系の女子=ブス なんて言われてませんでしたっけ?

 

 

ところがどっこい!

 

 

 

 

男が仲良くなれば、出てくる話題は女の話。

 

「うちの大学、可愛い子、多くね?」

 

「俺も思った!」

 

 

息子に聞いても、とても同じ年には思えないくらい、綺麗なお姉さんが

 

うじゃうじゃいるんですって。

 

 

なので、目の保養になって良いらしいです( ´艸`)

 

女子とも仲良くなれるといいね♪

 

 

 

まだ入学して2週間ほど。

 

ほらね!かーさんの言った通りじゃない。

 

すぐ出来るって言ったでしょ?

 

もう、勝手に凹んでて、ネガティブになっていて、困った息子だわね(◎`ε´◎ )

 

 

 

「俺様の力にかかれば、ざっとこんなもんよ。俺は天才だからね」

 

中二病が、まだまだ健在のようだ。

 

 

 

 

大学に、友達は必要なのか?と聞かれれば、

 

必要だと思います。

 

一人が好きで、逆に誰かと過ごす事が苦痛の人もいるので、

 

そういう人は、何事も一人で切り開いていく事が出来る人が多いんですよね。

 

息子はそのタイプではなくて…。

 

息子は、受験を乗り切れたのも、受験仲間がいたからなのです。

 

 

 

高校までの、仲良しこよしとはまた違い、大学での友達は、そのまま人脈作りにもなり、

 

将来仕事をする上で、関わる人も出て来る事でしょう。

 

顔が利くのと、知り合いが誰もいないのとでは、全く違ったものになると思います。

 

そして、大学は、塾と言うものが無いので、勉強で分からない事は

 

友達同士で助け合って、難関をクリアしていく事になります。

 

私の場合、私も含め、友人達は、友達のおかげで卒業出来たかもしれない。笑

 

私の課題を手伝ってもらう為に(さぼり過ぎて追いつかなくなった)、

 

うちに泊まり込んでもらって徹夜で仕上げた事もあるわ…。

 

 

「迷惑なやつだな…チーン

 

 

 

何言ってるのよ。

 

友達なんて、迷惑かける為にいるのよ。

 

ただの遊び友達なんて、友達と言わないわ。

 

 

 

 

「迷惑かけてごめん」「助けてくれてありがとう」なのよ。

 

その代り、相手がピンチの時には、何が何でも助ける。

 

迷惑かけて、かけられて。

 

 

 

その、大学の友達の一人が、今、被災地にいます。

「あ」だけでもいいから返事が欲しいんだけど

スマホが壊れたり、電池切れかもしれないと思ったり。

こうなったら、アナログで手紙書くしかないかな。

 

 

 

 

 

キャンパスライフを、より一層充実させる為にも、友達はたくさん作って欲しいと思います。

 

生涯の友になる人にも出会えるかもしれませんしね♪

 

私は、本当に、とても楽しく充実したキャンパスライフを送っていたので、

 

それは全て、友達のおかげと言っても過言ではありません。

 

あの楽しかった日々を、是非、息子にも味わってほしいと思います。

 

 

 

長々と読んで下さってありがとうございます!

 

 

 

 

お手数ですが、アンパンマンの絵のこちらをポチッとよろしくお願い致します!

 

 

すごい暴風雨です滝汗

まるで台風みたいです。

こんな日に夫は仕事。

私は母の所へ行かなければいけないのに、

家から出られる気配がないので

雨が小降りになるのを待っている状態です。