の続きです。



薬科大ですが、家一軒買うくらいのお金がかかると言いましたが、

大げさだったかもしれません(笑)

うちの方の一戸建ては、5~6000万くらいしますので、さすがに大学もそんなにはかかりません。

ざくっと言うと、たぶん、2000万くらいかな。

授業料が、年間350万くらいなので、6年間として、2000万超えるか…。



田舎の一戸建てくらいのお値段ですかね。

もしくは、都会の中古マンション。



にしても、その金額は出せませんでしたてれ(苦笑)

国立の薬科なら安いと思います!

でも、偏差値70くらいです、たぶん。息子には無理無理無理~~でした。





うちの子供達の長所でもあるんですが、気持ちの切り替えが早いんです。

行けないと分かった以上、いつまでもうじうじ悩んでおらず、

すぐに切り替えてくれました。

うちって貧乏なんだと思ったらしいですが(笑)、

予備校にも行けない友達が大勢いるのが分かり、

「予備校行かせてくれただけで十分です!マジ助かった(^人^)」と言ってくれました。




そして、入塾したのですが、

最初に、現在の学力を判定する為に、模試を受けるんですね。



笑っちゃうくらい、悪かったです。

勉強を全くしてないのと、習ってない所ばかり出るので当たり前なんですが、

当時の息子の偏差値は、たぶん、45くらい?(爆)

もしかしたら40くらいだったかもね( ´艸`)



とにかく悪い。



ここから偏差値を、1年で、20以上上げていきます!



スパルタの予備校だったので、1週間のうち7日通います。

毎日じゃねーか。笑

平日は学校があるので、夜18時からしか行けないので、4時間しか勉強出来ない。

家に帰ってからもやれと言われたので、平日の推奨の勉強時間は6時間です。



休日は、予備校からは、15時間勉強しろと言われました。

15時間て。

脳みそ爆発しそうですよねがくがく





幾らやる気を出したとしても、元々が勉強嫌いなわけですから、

そこまで集中出来ません。

実際に息子がやっていた勉強時間は、

平日は、4時間。予備校のみ。家での学習無し。

休日は、8時間。日によりばらつきがありましたが、

こんなものです。


あんまり勉強してませんかねぇ(^_^;)



これが限界だったと思います。

今までが0時間だったので、これでも人生の中で一番勉強していた時期なんですけどね。

これ以上勉強しないと受からない大学なんて、きっと向いてないよと私は思っていたし。



部活を引退するまでは、部活との両立だったのでこんなに勉強出来ない日もあったし、

体調を崩して数日ダウンする時もあったし、
(息子は毎月熱出してました。嫌いな勉強をやって免疫力が下がっていたと思われます。
元々出やすい蕁麻疹も、一気に悪化してしまう始末。後半は身体ボロボロでした)

最初の頃は余裕かまして遊びに行っちゃった事もあり、二日さぼると予備校から電話が来ます。笑








(※いい先生なのですw)




気分が乗らず、机には向かっているのに、一切頭に入ってこない日もありました。



受験で一番大変なのは、メンタルだと思います。

まだ17歳~18歳なんですよね。

子供ではないけど、大人でもない、経験値の足りない未熟者。

初めて経験する試練じゃないでしょうか。



とにかく、苦痛を強いられるし、思うように学力も向上せず、やる気がどんどん削がれて行き、

遊びにも行かず、誰とも話もせず、勉強ばかりしていると、

自分は今、一体何をやっているのか、こんなこと意味あるのか、無駄な時間なのではないか、

遊んでるやつもいるのに、どうして自分だけが、

いっそやめてしまった方がいいんじゃないか、覚えられる気がしねぇ、受かる気がしねぇ、




…と、どんどん追いつめられて行きます。

目に見えて、精神が壊れていく様が分かります。

今は笑い話になりますが、

当時は、身体に支障が出ていたので、心配で心配で、

大丈夫か?

もう勉強しなくていいんじゃないか?

やめてしまった方がいいんじゃないか?と

何度も思いました。



でも、ここでやめてしまったら、お金を出してくれた父さんに顔向けが出来ないし、

やめた方が後悔する。

最後まで頑張る。

と、毎日頑張っていました。



なので、気分転換も大事!




息子は、受験の間、大好きなオタク関連は全て封印し、テレビも見ず、

スマホも家に置いて、持って歩いていませんでした。(連絡取れなくて困る事多々w)

でも、夜、眠る前の1時間くらい、パソコンのゲームをしていました。

東方?ちょっと私には分からないけど、そんな名前のゲームだったと思います。

めっちゃはまってました。

そして、頭空っぽにして出来るそのゲームが、とても良い気分転換になっていました。



そして、日頃22時までやっている予備校が、

日曜日だけは18時閉校なので、その後は家庭学習になるんです。

これを利用して、同じ受験仲間がみんな我が家に集まり、

毎週毎週どんちゃん騒ぎをしていました。

家庭学習?何それ?おいしいの?とでも言わんばかりに。

週に一度だけ、友達と大騒ぎ。

これも、友人達にも息抜きとなっていました。




人それぞれ、嫌な事を忘れられる趣味があると思いますが、

たとえ受験の期間であっても、やった方がいいと思います。

息抜きは非常に大切です!





模擬試験が所々であるんですが、どれほど勉強しても、一向に効果が出ないんですよ。

今回もダメ、また今回もダメ、何度受けても圏外。笑

模試の合格判定は、A判定、B判定、などという言い方で付けられますが、

確かE判定が最低ランクだと思いましたが、それすらも判定出来ないほどの、ランク外です。




これは萎えます。

めちゃめちゃ萎えます。

ダイエットしている時に、何か月経っても効果が出ないと、このやり方は無駄なんじゃないかと思うじゃないですか。

ほとんどの人が途中で挫折すると思うんですが、それと似ていますね。

これがほんの少しでも、1か月に1㎏でも2㎏でも減ってくれていたら、気分も上がるのに、

逆に増えていると、一気に萎えますよね。



まさにそんな感じでした。

少しでも上がってくれているといいのに、逆に点数が下がっていたりね。



「夏までは結果なんて出ないよ。だから気にするな」と予備校の先生に言われたのですが、

夏を過ぎても、秋を過ぎても、息子は結果を出せませんでした。

常に圏外。

どこまで判定不能が続くのか。笑

受験なんて無理なんじゃないの?と私は密かに思ってました。




だけど、同じような状況の人、

決して諦めないで下さい!!!




息子の成績に変化があったのは、冬です。

その頃受けた、とある模試。




数学が、予備校1位になりました。

予備校で1位はすごいんですよ!

国立狙いの人や、とにかく頭のいい子ばかりが集まっている教室で1位というのは

快挙です!

ここしか誉める所ないので、強調します!笑

すごいです!





先生達からも注目の的。(パソコンで確認している図)





高校でも、一般受験組が校内の模試を受けて、学校の中で競うんですが、

そこでも1位!

圧倒的な点数差をつけての1位!




この時の息子の、数学の偏差値は、75くらいありました。(数学だけね)

どこの大学でも合格出来る数値です。(数学だけね)



よくぞここまで頑張ってくれました…泣き1



選択していた理系も、前半は全く勉強しないで、英語と数学に力を注いでいた為、

秋になってようやくやり始めたんですが、

こちらもめきめきと向上。



予備校の先生からも、

「お母さん!!本当に、誉めてやってください!!
マジで!!!誉めてやってください!!」と。


「まぐれじゃないですか?(^_^;)」という私に(ひどいな)、


「お母さん、何を言ってるんですか!

確かに、文系ならまぐれで当たる事もありますが、

数学に限ってはまぐれはありえないんです!!!(力説)

理解してないと、答えは出せないんです!!!(力説)

まぐれでこんな点数は出せません!!!(力説)」(ほぼ満点に近かった)



予備校の先生、熱くなる。

この後も、何度もお誉めの言葉を頂いたほど、本当によく頑張ってくれました。



やっぱりまぐれじゃなかったらしく、その後も数学は安定した点数を保っていました。





…と、順調そうに書いていますが、



息子には、重大な欠点がありました…ガクリ




英語が出来なさ過ぎるという、重く厚い壁となる欠点が。




幾ら、理系、数学を上げたところで、英語が出来なきゃ話にならない。

受験に英語は必須なんです。

英語って文系なのに!

理数系の大学でも、英語は必須なのよ~~~(泣)



この英語だけは、勉強しても勉強しても、本当に上がらなくて、

英語を頑張り過ぎると、そこに時間を取られてしまうので、

数学と理科が下がってしまう、という

一体どうしたらいいんだという状態になってしまいました。



先生には、「数学と理科を下げるな!現状維持!その上で英語を上げろ!」と。

無茶言いますな。笑

息子は、「他人事だと思って!英語を上げないといけないのに、英語を勉強すると

数学と理科の勉強がおろそかになって下がってしまうんだよ。

数学と理科を勉強すると、英語が上がらないんだよ。

どうしろっちゅうねん!」

と怒ってました。



英語が思い切り足を引っ張ってました。とことん引っ張ってました。





英語、大事!





そして、もう本番まで時間も無いので、とある作戦に出ます。





またまた続きます。





絵日記 ブログランキングへ

いつもイイネやコメントをありがとうございます!



興味のない方、ごめんなさいね!

この話、大学の合格まで話が続きますので、つまらなくても、ご了承くださいませ!

子供の受験の軌跡として、私の記憶があるうちに書いておきたくて。

ピッチ上げて更新しようと思います。



その間に、別な記事を入れる日もあるかもしれません。