[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

とんび (角川文庫) [ 重松 清 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2021/3/12時点)



少し古い本ですが、泣けると聞き、「とんび」読んでみました。

ドラマになっていましたが、ドラマの方は見ていません。


涙腺が強いのか(鬼畜とも言う)、本やドラマや映画で、あまり泣かない私ですが、








泣けましたよよよよよ。





少々ネタバレ含みます。(あまり差支えないと思います、たぶん、きっと)


















登場人物が、すごくいい!

奥さん、死んじゃダメじゃーーーーーん泣き1

あなたが死んじゃダメじゃーーーーーん!

こんなにいい家族なのに。

どうしてどうしてどうして。




なんで危険な職場に子供連れてきたのよ!

腹立つわぁ。



やっさん(主人公)が、これまたいい父親で。

不器用で、照れ屋で、頑固親父なんだけど

自分の子供が産まれてから、孫が出来るまでの、長い期間を描いていますが

最後の最後まで不器用過ぎて素直じゃなくて、イライラするんだけど

心があったかい。



父子家庭のお話ですが、いいお話です。

一気に読んでしまいました。

親子物は、グッと来ますね涙

やっさんを取り巻く、周りの友人達も、めちゃめちゃいいのです!

みんな、あったかい。



もしも読もうと思った方は、外で読まない方が良いですヨ。ヤバいことになりますヨ。






絵日記 ブログランキングへ


私の夏休みも、今日でおしまいです。

明日からまた頑張って稼いで来ます!

あぁ憂鬱憂鬱憂鬱…。

頑張って!と思ったらポチッとお願いします♪