の続きです。 

今日は、夫の反応を書きます。



2006akachan01


2006akachan02

まだ娘に触れたことがないので
夫をNICUに連れて行きました。



2006akachan03

夫は、娘の小ささにも
全然動揺していなくて、

「早く産まれたんだから
小さいのは当たり前」
だと思っていました。

2006akachan04

唐突に切り出す私。

私も、直球ストレートに
言いました。
先生の言葉を、そのまんま伝えた方が
いいと思って。


2006akachan05

夫は、だいたい
医者の言う事はあまり信じないので(笑)、
「大げさに言っているだけだ」と言って
真剣に取り合ってくれませんでした。

だけど、本当に大げさだと
思う?

と聞くと、
しばらく考えて、


2006akachan06


2006akachan07

そしてまた泣く私。笑

改めて夫に話すことで
また涙が止まらなくなって
しまいました。


2006akachan08


救急車で運ばれて、
とにかく医師がとても焦っていて
同意書も急かされて、
医師がこんなに焦るというのは
かなりヤバい状態だと感じたそうです。
※④話参照

そのまま息子と2人で待たされて、
私と赤ちゃんがどうなっているのか
全く分からなく、

息子と2人で、手術が終わるまで、
「お母さん、頑張れー!」
「どうか助けて下さい!」と
神様に祈っていたそうです。

そして、私も娘も無事に戻って来た。

もう、それだけで充分だと。


それなのに、どうして謝るのか?
何を謝っているのか分からないって。


それを聞いて、
また私は泣く。


私は、無事であることを前提に
私の立場で考えていたけれど、
夫の立場で考えると、
母子共に無事だった事が一番だと。


2006akachan09

とても軽く、
娘の事を受け入れた。

深刻に悩んでいたのがバカらしく思うほど
夫は軽かった。

でもこの時は、
この軽さが嬉しかった。

私と同じように深刻に悩まれたら
もっときつくなったと思うから。


後で聞くと、
やっぱり夫は、医者の言う事は
話半分で聞いていたので
軽く考えられたみたいです。

直接言われたわけじゃなく、
私を介して聞いたのもあって、
深刻に考えないで済んだみたいですね。


その後私は、
女医先生の話もして、
「何も後遺症が残らないといいね」と
2人で娘を触りながら
和やかに過ごしました。



つづく。




ここでちょっとお知らせ!

ライブドアから、
メールでインタビューを受けました!
外出自粛中の生活についてです。

私以外に、カマタミワさん
大盛のぞみさんも参加しています♪



お二人の自粛期間の過ごした方も
興味深く拝見させて頂きました(*^^*)
一人暮らしも、小さいお子さんがいても
大変ですよね~~!

よろしければ、皆さんも
ご覧になってみてください!





◆過去記事◆

不妊治療の話。
 

子宮全摘手術。
 

癒し系のてるてる坊主でした♪



------------------

2020aaabana-01

2020aaabana-02



------------------

恐れ入りますが、こちらをポチっと
よろしくお願いいたします♪
1回押すだけで大丈夫です!

絵日記ランキング 

いつも泣いてばかりですね( ̄▽ ̄;)

ここからの2年間くらいで
私は一生分の涙を流し尽くしたのかも
しれないって言うくらい
泣きました。

泣いてばかりだった私が、
どんどん強くなっていく姿も
ご覧ください。