17年前、極低出生体重児で産まれた
娘の出産記です。

①話はこちら↓


前回の話はこちら↓


長くなってきたので、①話と、
前回の話だけリンク貼ります。

ここまでのあらすじは、
29週で産まれ、脳室周囲白質軟化症
(脳に穴が2個開いていた)により
四肢が動かない脳性麻痺になる、と
診断され、
リハビリと、脳に刺激を与えることを
頑張っていたところまで書きました。



五感を刺激する為に奮闘していた
私でしたが、
何しろ終わりが見えない事なので
ずっと前向きに頑張れたわけでは
ありませんでした。

2007akachan52

私一人の独自の発想でやっていたので、
果たして、こんな事やって
意味があるのか?
何かが変わるのか?
もしかしたら、無駄な事をやっている
のではないか…。

変化の無い毎日に疲れ果てて、
沈み込んでは、

いいや!
これでやっていく!
意味がなくても、これしか出来ない。
そう自分を奮い立たせ、
また頑張り…。

浮いたり沈んだりを繰り返していました。


2007akachan53

娘の成長は、当然ながら
育児書に書いてある通りにも
いかないし、
普通に産まれた赤ちゃんの成長とは、
全く違うもので、
参考になるものはありませんでした。

そのおかげで、
遅いのは当たり前と思えて、
特に焦る事や、心配になる事も
ありませんでした。

10か月の時は、まだハイハイも
お座りも出来ない状態で、
見た目も、生後半年くらいの
大きさだったと思います。



2007akachan54

「だいだい」と言って
手を動かしました。


2007akachan55

バイバイと言った!と思って
私はびっくり仰天したのですが…


思い直し、


2007akachan56

あははははは!(^▽^;)
10か月でしゃべるわけないわ!

息子なんて、2歳までほとんど
しゃべらなかったし、

いくらなんでも、
10か月は早すぎるわぁ~

都合のいいように
聞こえてしまったのね、
なんて思ったのですが。

2007akachan57


2007akachan58


2007akachan59

しゃべったよね!!!
気のせいじゃないよね!!!

本当に、髪の毛吹っ飛ぶほど
びっくりしました!

四肢の麻痺だけじゃなく、知能の方も
きっと問題が出てくるだろうと
思っていたので、

こんなに早く
しゃべりだしたことに、
感動してしまって。


2007akachan60

もう、多くは望まない。

歩けなくてもいいよ!

私があなたの足になる…!

この、バイバイ事件が、また、
私に前を向かせました。


その後娘は、身体の発達は
遅かったけれど、
言葉をどんどん覚えていきます。


視力の方は、失明か弱視
言われていましたが、
見えているので喜んでいたら、
視力がどのくらいあるのか分かるのは
ずっと先…と言われ、
2歳まで様子見で、
その後は何も治療せず。

確か、幼稚園の時の検査で
1.0と言われた気がします。



つづく。



◆過去記事◆

雨の日の、いい話。


子宮全摘手術。
 

不妊治療の話。
 

鬱の話(家族側から見た話)
 

鬱で参ってパニックになった。
 


------------------

2020aaabana-01

2020aaabana-02



------------------

恐れ入りますが、こちらをポチっと
よろしくお願いいたします♪
1回押すだけで大丈夫です!

絵日記ランキング

息子が初めてしゃべった言葉は
「パン」でした。

産まれた時は、元気であれば
なんでもいいと思うのに、
大きくなっていくと、
あれも出来るように、
これも出来るようにと
子供に多くを求めるように
なってしまうんですよね。
娘の誕生日のたびに、
産まれた時を思い出し、
気持ちをリセットするように
しています。